格安スマホのクチコミを確認、良い点・悪い点・アドバイスなどを紹介中

ワイモバイル

ワイモバイル
最安値 新規3,218円/月、他社からの乗り換え2,462円/月
SIMカードの種類 Sプラン・Mプラン・Lプラン
端末の種類 Nexus6・Nexus5・DIGNO T・DIGNO C・STREAM S・Spray・AQUOS CRYSTAL Y等
オプション内容 データ通信容量シェア・故障サポート・電話サポート・スーパーだれとでも定額等
購入方法 オンラインストア・ワイモバイルショップ・電気量販店

ワイモバイルの特徴

クチコミはこちら

公式サイトはこちら

楽天モバイル

楽天モバイル
最安値 SIMカード単品525円/月、端末セット1,713円/月
SIMカードの種類 ベーシック・3.1GBパック・5GBパック・10GBパック
端末の種類 honor6 Plus・P8 lite・ZenFone2 Laser・ZenFone2・Xperia J1 Compact等
オプション内容 故障サポート・電話サポート・データ移行サポート等
購入方法 オンラインストア・楽天カフェ

楽天モバイルの特徴

クチコミはこちら

公式サイトはこちら

DMMモバイル

DMMモバイル
最安値 SIMカード単品440円/月、端末セット1,430円/月
SIMカードの種類 ライト・1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GB
端末の種類 P8 lite・ZenFone2 Laser・ZenFone2・Ascend Mate7・Ascend G620S等
オプション内容 データ通信容量シェア・故障サポート・セキュリティ対策等
購入方法 オンラインストア

DMMモバイルの特徴

  • DMMグループのMVNO、全プラン業界最安値
  • 月々の利用金額の10%をDMMポイントで還元
  • 高速データ通信量は全部で9種類、使い方に合わせて選べる
  • 家族使いにも便利なデータシェアコースも有り

クチコミはこちら

公式サイトはこちら

ニフモ

ニフモ
最安値 SIMカード単品640円/月、端末セット2,697円/月
SIMカードの種類 1.1GB・3GB・5GB・10GB
端末の種類 P8 lite・ZenFone2 Laser・ARROWS M01
オプション内容 故障サポート・訪問サポート・セキュリティ対策等
購入方法 オンラインストア

ニフモの特徴

  • @niftyグループのMVNO
  • キャッシュバック特典が充実、最大10,000円
  • ISPサービスとのセット利用で毎月200円割引
  • 端末の種類は少ないが常に最新端末をラインナップ
  • 専用アプリ「NifMOバリュープログラム」経由の買い物でポイント還元

クチコミはこちら

公式サイトはこちら

マイネオ

マイネオ
最安値 SIMカード単品700円/月、端末セット2,100円/月
SIMカードの種類 500MB・1GB・3GB・5GB
端末の種類 LUCE・DIGNO M・AQUOS SERIE
オプション内容 データ通信容量シェア・故障サポート・セキュリティ対策・メールウィルスチェック等
購入方法 オンラインストア

マイネオの特徴

  • au回線利用のMVNO、2015年9月からはドコモ回線にも対応
  • オンライン上で端末チェック・SIMチェック・相談ができる「mineo STORE」を開設
  • プリペイド式SIMカードも用意、お試し利用にもピッタリ
  • 法人契約にも対応

クチコミはこちら

公式サイトはこちら

IIJmio

IIJmio
最安値 SIMカード単品900円/月、端末セット2,180円/月
SIMカードの種類 3GB・5GB・10GB
端末の種類 P8 lite・ZenFone2 Laser
オプション内容 データ通信容量シェア・故障サポート等
購入方法 オンラインストア・イオン・電気量販店

IIJmioの特徴

クチコミはこちら

公式サイトはこちら

ユーモバイル

ユーモバイル
最安値 SIMカード単品680円/月、端末セット1,880円/月
SIMカードの種類 1GB・3GB・5GB・LTE使い放題・ダブルフィックス
端末の種類 ZenFone2 Laser・ZenFone2・Ascend Mate7・Ascend G6・priori2
オプション内容 故障サポート・電話サポート・セキュリティ対策・優待サービス等
購入方法 オンラインストア・U-NEXTストア・電気量販店

ユーモバイルの特徴

  • 映像配信サービス「U-NEXT」グループのMVNO
  • 高速データ通信使い放題のプランを用意
  • ZenFoneやAscendなど人気端末をラインナップ
  • 日本全国10店舗で即日MNP受け渡し、最短30分で手続き完了
  • 光回線「U-NEXT光」とのセット割引有り

クチコミはこちら

公式サイトはこちら

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
最安値 SIMカード単品900円/月、端末代金は一括払い10,000円〜
SIMカードの種類 1日110MB・1日170MB・3GB・5GB
端末の種類 gooのスマホ・P8 lite・ZenFone2・AQUOS SH-M01
オプション内容 電話サポート・セキュリティ対策・クラウドデータサービス等
購入方法 オンラインストア・電気量販店・ゲオ

OCNモバイルONEの特徴

クチコミはこちら

公式サイトはこちら

格安スマホ会社全体のクチコミ

SIMカード

料金

格安スマホ会社は、docomo・au・SoftBankなど大手携帯会社と比べるとだいぶお得な料金設定です。もっとも安いものだと月々500円以下、ワンコインで利用できるものもあります。ただ、高速通信が使い放題になることは少なく、利用できるデータ通信容量には限りがあります。現在、お使いの携帯会社の明細書やマイページで毎月のだいたいのデータ利用量を確認してから、自分の使い方に合った最適なプランを選ぶのがポイントです。

端末ラインナップ

格安スマホ会社の端末ラインナップは、比較的豊富と言えます。日本メーカーの端末もありますが、HUAWEIやASUSなど海外メーカーの端末が多いです。海外メーカーの端末は、高スペックなのに価格が安いので、格安スマホの端末としては相性抜群です。また、ほとんどの会社が最新端末を取り揃えていますので、格安スマホでも最新端末を利用することができます。一押しは「HUAWEI P8 lite」や「ASUS ZenFone2」です。

通信環境

格安スマホ会社の通信速度は、docomo・au・SoftBankとほとんど変わりません。通信回線はdocomoとauの回線が利用されていて、Xiやau 4G LTEなどの高速通信サービスにも対応しています。インターネットも、電話も、大手携帯会社と同じように不自由なく利用できます。ただサービス、また時間帯によっては回線が混雑していて遅い場合もあります。また、利用できるデータ通信容量には限りがありますので、Wi-Fiとのセット利用は必至です。

サポート体制

格安スマホ会社のサポート体制は、docomo・au・SoftBankなど大手携帯会社と比べると充実しているとは言えません。日本全国各都市にスマホショップを展開している訳ではないので、トラブルが発生した時のサポート窓口は基本的に電話またはメールでの問い合わせが中心になります。最近少しずつ、専門ショップを設ける会社が出てきていますが、まだまだ少ないのが現状です。分からない事が起きた場合、トラブルが起きた場合のサポート体制を重視している方には向いていないでしょう。

こちらも参考に

スポンサーリンク

公開日:2015年7月8日 最終更新日:2015年10月10日

クチコミは参考になりましたか!?

このページの先頭へ